訴訟手続き・裁判書類作成

訴訟手続きと書類作成で相談者さまをサポート

司法書士の仕事の一つに「裁判所に提出する書類の作成」があります。相談者さまから適切なヒアリングを行い、その訴えを法に基づいて構成。そして、もっとも効果的な方法を考えて書面にします。また、裁判を有利に進めていくための助言や指導なども行っています。

あなたの訴訟を支援いたします

日本の民事訴訟は本人訴訟(弁護士などの訴訟代理人を立てないで訴訟を行うこと)が中心となっていますが、一般の方が一人で訴訟を起こすのは簡単なことではありません。そのときにご相談いただきたいのが、私たち司法書士です。相談者さまのお悩みや現状、ご要望などをお聞きして、適切なご提案をさせていただきます。

司法書士は以降の方針を確認するために裁判を傍聴します。簡易裁判では依頼者の代理人として法廷に立つこともあります。

訴訟手続き・裁判書類作成の適用となるもの

民事訴訟事件全般

訴状、答弁書、準備書面、証拠申出書、証拠説明書、各種申立書等関係書類の作成

破産、民事再生申立事件

各申立書など関係書類の作成

民事保全(仮差押、仮処分)申立事件

各申立書など関係書類の作成

民事執行(不動産、動産、債権の強制執行)申立事件

各申立書など関係書類の作成

家事事件(離婚、遺産分割など)に関する調停、訴訟事件

申立書、訴状など関係書類の作成

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問