商業登記・法人登記

会社設立・登記事項の変更があった場合には……

会社を設立するとき、または登記事項を変更するときには、設立または変更の登記申請が必要です。特に、登記事項を変更した場合には2週間以内の変更登記が義務づけられているので、注意が必要です。2週間以内に変更登記が行われないと、100万円以下の過料に処せられる場合があるので、忘れずに手続きを行いましょう。

そもそも会社が登記するのは、提供サービスや本店の所在地、役員などの基本的な事項を公開することにより、会社取引の安全性を図るという目的があります。当事務所では商業登記・法人登記の手続き代行をお受けしています。まずはお気軽にご相談ください。

登記が必要なケース

・新しく会社を設立するとき・会社名や住所、役員、事業目的の変更があったとき・有限会社から株式会社へ移行したとき・資本金を増やすとき・支店を設置したとき・会社を解散するとき

会社設立・独立開業の専門サイト!

会社設立・独立開業スマートフォンサイト

お問い合わせはこちらから

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • 記帳代行・給与計算
  • 顧問契約
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問

服部合同事務所が選ばれる理由

事務所紹介・アクセス・採用情報

問い合わせフォーム

相続・登記・遺言サポート

債務整理サポート

会社設立・独立開業サポート

住宅購入・ローン相談専門HPオープン!!住宅購入相談・ローン組換えサポート