民事信託・家族信託

民事信託の仕組み

民事信託とは、資産を持つ人(委託者)が信頼の出来る家族に(受託者)に資産を預け、「高齢者や障がい者のための安心円滑な資産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする財産管理の方法です。

民事信託の仕組み

遺言と信託の違い

遺言
効果が生じるのは本人が死亡したとき。
財産は死亡時に一括して相続人に渡される。
信託
効果が生じるのは信託契約を結んだとき。
財産は「いつ、誰に、何の目的のためにどのような形で財産をあげるのか」
を指定することが可能。

ケース別お悩み事例

認知症対策

認知症にはこんなリスクが…


・不動産などについては、大規模修繕、建て替え、売却など一切の法律行為が出来なくなるため、不動産経営に大きな障害が出る。

・亡くなった後、誰が不動産を受け継ぐかという問題。
よくあるケースでは「生前、父が私に○○をくれると言っていたんです!」しかし遺言はなく相続に。
遺言も信託も認知症になってからでは決められない。

・土地が希望する価格で買い手がついた時、認知症になっていると売りたくても契約ができない。

・相続対策を行いたくても行うことができなくなる。

認知症に備えた信託のケース

遺言代用

遺言の代わりに用いる信託のケース

離婚による子供の扶養義務

養育費信託

子どもの配偶者の家系に先祖代々の土地を渡したくない

通常、子や孫がいれば先祖代々の資産は引き継がれるケースが多いですが、子に子ども(孫)がいない場合、配偶者の家系に資産相続されていきます。これを防ぎ、○○家に留めることが信託では可能です。

受益者連続型信託を使って○○家伝来の土地を守る

共有問題

不動産の共有相続によるトラブル回避策
不動産の共有相続による共有者間の管理処分をめぐるトラブル回避のために、
信託を活用して、不動産の管理処分は信頼のできる者に委託し受益権を相続する。

共有問題

浪費問題

毎月一定額の給付による浪費抑制効果
親族に浪費者、ギャンブル依存症者等がおり、一度に多額の財産を持たせてくない。

例)Aさん(60代)には長女、長男(共に30代)がいるが長男が浪費家で、いつも両親や姉に金の無心ばかりしている。

Aさん→将来長男が多額の相続財産を持ってしまうと浪費するのでは?
長女→長男との仲は特に悪くはないが、両親の死後にお金のことでトラブルを起こしたくない。

浪費癖対策信託

業務内容

  • 相続・贈与
  • 遺言手続き
  • 商業登記・法人登記
  • 不動産登記
  • 土地測量
  • 債務整理
  • 過払い金返還請求
  • 訴訟手続き・裁判書類作成
  • 成年後見制度
  • その他業務一覧
  • 料金(報酬一覧)
  • ご挨拶・はじめての方はこちら
  • ご相談・手続きの流れ
  • よくある質問